忍者ブログ
since 2008/03/17
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





 どうしても遅いHDDの転送速度カバーのために、USBメモリに領域とってシステム用のキャッシュにしていたわけですが。
 そのために8GBのUSBメモリを用意して、デフォで用意できる最大容量4GBほどをReadyBoost機能に割り当てておりました。
 残りの領域には、最悪PCがあぼんしても大丈夫なように重要なデータを逃がして。

 なんですが、やっぱ4GBだとちょっとキャッシュ領域としては足りない感じ。で、まあ最近SDHCカードが安いんで、16GBのやつを買ってきてデータはそっちに逃がしてUSBメモリは完全にReadyBoost専用にしようと思ったんですよ。

 デフォのFAT32フォーマットだと4GBのファイルサイズ制限があって無理なので、USBメモリをNTFSで再フォーマットしたら、無事に全領域をReadyBoost機能に割り当てることができました。

 結果としては、超快適。なんだ最初からこうすればよかった。常用するソフトの起動とかに関しては、ほとんどストレスフリーになりましたね。

 HDDモデルのノーパソなんだけど、SSDに自分で載せ替えるのもどうかなー、という人にはお勧めです。Vistaか7限定ですが。
PR



 お仕事PCとしてのVAIO typePもWindows7環境でいけそうな感じでだいぶ安定してきたかな?
 というわけでVAIO typeP(店頭売りのワイヤレスWANモデルVGN-P80H/W)を3週間ほど使ってみての雑感。


 買う前はさんざんSonyStyleで試算して「買うならなにがなんでもゼロスピンドル!」って思ってたんですよね。なんせそれまで携帯してたOQOmodel01+が現場で使えない理由が「騒音」だったんで。
 しかしまあ「いざとなったら自力でSSDに換装しちゃえばいいや」と思ってHDDモデルを買ったわけですが(つーか店頭だとHDDしか選択肢がない)、使ってみると全然静か。

 ありゃ? これこのままでよくね? ていうかVista以降OSだとUSBメモリをキャッシュとして使えるReadyBoost機能が使えるので、ハナから8GBのUSBメモリ買って4GBほど(FAT32の1ファイル限界サイズ)割り当てたら起動も速いしHDDからの音はまったく気にならない。
 1.8インチHDDの転送の遅さも同時に解消してくれてるのでReadyBoost様々ですわ。

 ていうか本体から5mmしか出っ張らないサイズなのに8GBって。しかもヨドバシでポイントついて2,880円て……大昔EPSONのPCカードtype1(CFじゃないフルサイズのPCカードね)の10MBに2万円以上出した記憶が……いかん涙が。
 ──いやいい時代になったものです。

 CPUについても店頭モデルだと一番低スペックなZ520の1.33GHzなんだけど、いままで使っていたOQOmodel01+がCrusorでメモリも512MBだったんであんまし気にならないかな。
 どっちかってーとOSそのものの重さのが問題で、ソニスタで一番早いCPUにしても重いもんは重いしね。

 キーボードはとてもいい。このサイズありきで作られた筐体だけのことはある。軽めのストロークも好み。といっても基本的に机の上か膝の上に乗っけてタッチタイプする前提だけど。OQOとかみたいに立ったままで両手の親指で入力みたいなのには向かない。やるなら左手でホールドして右手でタイプみたいなやりかたかな。目立つけど^^;

 パームレストが無いのにもだいぶ慣れた。電車の中で膝の上というかカバンの上でタイプするときは手のひらの小指の付け根近辺でキーボード手前のカドの部分を引っかけてやると意外と安定する。最初は指つりそうになったけどねまあPSPのモンハン持ちみたいなもんか。

 あとはVAIO typePの売りでもあり、買うときの悩みどころでもあるディスプレイの画面についてかな。
 画面の解像度が1600×768あるので正直文字はめちゃくちゃ小さい。画面サイズ8インチだしね。でもまあギリギリ行ける感じ。Webとかみてて細かい表示のときは画面に顔近づけないと読めなかったりするけど、やはり圧倒的な表示領域の広さの快適さはありがたい。OQOの3倍ですよ3倍。
 電車の席で文章とかメールとか打っていても、隣の人から読めないんじゃないかな。ある意味便利。


 という感じで、まあ非力なPCなのは間違いないんだけど、カバンとかポーチとかに放り込んで持ち歩けるというのは何物にも代え難いメリット。
 パワフルにしたらそれはそれでバッテリーの持ち時間が減っていくし、その辺はトレードオフな部分と割り切って使うにはかなり気に入っています。

 あとはSONY製品の常だからしゃーないんだけど、VAIO付属のアプリが最初はアホみたいに大量にインストールされているんで、それで死ぬほど重くなってるのはSONYも考えたほうがいいと思うんだけどね。任意のアプリだけインストールできるようにUSBメモリに入れて付属させるとかさ。

 とにかく最初に起動したときに絶望するほど重い(まあとりあえずシステムのパフォーマンスオプションを片っ端からオフにしてやるとなんとか動くレベルにはなるけど)のは、ちょっとなー。
 OSのカスタマイズとかやりたくない人には、正直あんましお勧めしないかな(^-^;



 またもやΣ(゚ω゚)カッとなって

 Windows7いれてしまった。うん。後悔はしていない。
 だってSONYったらXP版のTypeP出すとかいうんだもん。日和りやがって……。

 しかしまあ、いろいろやっても最終的にXPにできちゃうドライバが公式配布されるってのは保険としてありがたい。Vista軽量化したのとどっちが快適か試したくなってWindows7RC版DLしてしまいましたよ。

 ひとまずクリーンインストールしてみたんだけど、軽いのは軽いんだけど、WWANとかの接続ソフトがうまく動いてくれなかったんで、きれいな状態のVistaからのアップグレードってことに。

 いっかいリカバリして工場出荷状態に戻してから、アップグレードインストールで7を入れて、Vistaの時みたいにいろいろ削って削って設定いじって、最適なところを探してみた。
 ひとしきり調整して「こんなもんかな」というところで一回デフラグかけて、なかなか快適な状態になりました。

 正直、Vistaの時より電源とか通信状態の管理が安定して大満足。
 Vistaのときは、せっかくのワイヤレスWANなのに、一度接続コケると再起動しないと接続してくれなくなったり(なんかポートが塞がってる状態になって解放されない)してたんでめっちゃストレスだったんですが。

 とりあえずいまのところ、手持ちのOfficeXPがインストールできなかったんでOpenOfficeを代わりに入れてあるけど、あんまし不自由感はない。

 あとはネットで検索してみるとWin7環境でもインストールできてる人いるみたいなんで、どこに問題があるのかわかんないんだけど、Evernoteがインストールできないんだよね。こいつはちょっと困っている。
 ま、とりあえずWeb版でしのいでEvernoteクライアントのバージョンアップ待とうかなーって感じで。

 クイック起動が廃止されて使い勝手が一気に変わったタスクバーについては、最初とまどったけど「ようするにアレか、OS Xのドックみたいになったのか」と認識かえたら全く問題なくなった。ていうか便利。これでドックみたいにアプリアイコンにファイルをドロップして起動できるようになってくれるといいんだけど。

 とりあえず今週末から仕事で沖縄なんだけど、Win7環境のままで持って行こうかなって思っております。

 XP環境も魅力的ではあるんだけど、ReadyBoost機能が使えないのがネックなのよね。HDDモデルだとはっきり体感速度あがるんで。



 ものすごく久しぶりに投稿。すんません。

 つーわけで、Σ(゚ω゚)カッとなって買った。後悔はしていない。

 VAIO typePの店頭販売ワイヤレスWAN搭載モデル。
 いやー予想はしていたんですがWindowsVistaが重い重い。VAIOのプリインストールのソフトを片っ端からアンインストールして、Vistaの視覚効果片っ端からオフにして、なんとかかんとか普通に使える感じになりました。

 SonyStyleで注文すると、もっとCPUも賢くてドライブもHDDじゃなくてSSDで、というのが手に入るんだけど、欲しい機能を付けてくと15万円コースになっちゃうんで、店頭でのDocomoデータカード同時加入で3万円引きの5万3千円で入手。

 今使ってるイーモバイルのデータカードは音速で解約。

 以下は軽量化のための備忘録

●画面のデザインはテーマ設定で問答無用にWindowsクラシック表示に(Aero使ったほうが軽いという説もあったが、比べてみたら全然軽くなかったので)。
 画面右クリック>個人設定>テーマ

●システムの視覚効果のところはがっつり「パフォーマンス優先」に。
 コンパネ>システムとメンテナンス>システム>システムの詳細設定>パフォーマンス>視覚効果

●HDDモデルなのでReadyBoostを有効にする
 →Buffaroから出てる「PCから5mmしか出ない」USBメモリを買ってきた。8GBで2,880円
 コンピュータ>USBドライブを右クリ>プロパティ>ReadyBoostを使用
  →がっつり4GBをシステムキャッシュ用に割り当て

●Pの場合メインメモリが2GB、ReadyBoostで設定したキャッシュ領域が4GBあるので、HDDにアクセスしまくるページングファイルは無効にする
 コンパネ>システムとメンテナンス>システム>システムの詳細設定>パフォーマンス>詳細設定>仮想メモリ>変更

●アンチウィルスソフトを軽いものに変える
 デフォで入ってるMcAfeeをアンインストールして、フリーソフトのAvast!に変更

●使ってないWindowsサービスを停止
 →そりゃもうかたっぱしから。

●WindowsUpdate、VAIO Update、HDDのデフラグなどのスケジュール系は片っ端から手動にする
 アンチウィルスソフトの定義ファイル更新だけは残す。

●だいたいセッティングが終わったら一度HDDをデフラグ。



 こんな感じでだいぶ軽くなりました。

 あとはDoCoMoから提供されてるワイヤレスWANの接続ソフトが、かなりおバカなので、mopera(プロバイダ)へはダイヤルアップ設定から直接つないでます。
 ただし、定額アクセスポイントじゃない所に繋いじゃうとパケ死でえらいこっちゃになるので、あらかじめDoCoMoに連絡してmoperaの定額アクセスポイント以外に通信できないように「接続先限定サービス」に登録しておくこと!(←あくまでも自己責任で)

 キーボードは至極快適。スティックポインタもいい感じですが、これのデフォルト設定が「スティックを軽く叩くとクリック」になってるのが敏感すぎて、がしがしキー入力してると振動で変なところクリックされて文章が中断されたりするんですな。これはオフにしちゃうのがオススメ。

 今月くるVistaのアップデートでだいぶ軽くなるって話なんで、無理矢理Windows7RCとかXP化しないでしばらく使ってみようと思います。

  HOME  
プロフィール
HN:
崩月
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
(C)表記
(C)2006 SQUARE ENIX CO., Ltd. All Rights Reserved. Licensed to Gamepot Inc.
(c)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved..
(c)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. .
(c)2007 上海アリス弦樂団 All Rights Reserved.
(C)サンライズ
(C)SUNRISE・BV・WOWOW
(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ・毎日放送
(C)ダイナミック企画
(C)東映
(C)PRODUCTION REED 1980
(C)1983 ビックウエスト・TMS
(C)2002 大張正己・赤松和光・GONZO/グラヴィオン製作委員会
(C)2004 大張正己・赤松和光・GONZO/グラヴィオンツヴァイ製作委員会
(C)2004 河森正治・サテライト/Project AQUARION
(C)2005 BONES/Project EUREKA・MBS
当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
最新CM
[05/22 BlogPetのこうさぎ]
[07/31 ASELLUS]
[06/03 ASELLUS]
[06/03 ASELLUS]
[05/19 ASELLUS]
最新TB
ココロ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]