忍者ブログ
since 2008/03/17
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




 お仕事PCとしてのVAIO typePもWindows7環境でいけそうな感じでだいぶ安定してきたかな?
 というわけでVAIO typeP(店頭売りのワイヤレスWANモデルVGN-P80H/W)を3週間ほど使ってみての雑感。


 買う前はさんざんSonyStyleで試算して「買うならなにがなんでもゼロスピンドル!」って思ってたんですよね。なんせそれまで携帯してたOQOmodel01+が現場で使えない理由が「騒音」だったんで。
 しかしまあ「いざとなったら自力でSSDに換装しちゃえばいいや」と思ってHDDモデルを買ったわけですが(つーか店頭だとHDDしか選択肢がない)、使ってみると全然静か。

 ありゃ? これこのままでよくね? ていうかVista以降OSだとUSBメモリをキャッシュとして使えるReadyBoost機能が使えるので、ハナから8GBのUSBメモリ買って4GBほど(FAT32の1ファイル限界サイズ)割り当てたら起動も速いしHDDからの音はまったく気にならない。
 1.8インチHDDの転送の遅さも同時に解消してくれてるのでReadyBoost様々ですわ。

 ていうか本体から5mmしか出っ張らないサイズなのに8GBって。しかもヨドバシでポイントついて2,880円て……大昔EPSONのPCカードtype1(CFじゃないフルサイズのPCカードね)の10MBに2万円以上出した記憶が……いかん涙が。
 ──いやいい時代になったものです。

 CPUについても店頭モデルだと一番低スペックなZ520の1.33GHzなんだけど、いままで使っていたOQOmodel01+がCrusorでメモリも512MBだったんであんまし気にならないかな。
 どっちかってーとOSそのものの重さのが問題で、ソニスタで一番早いCPUにしても重いもんは重いしね。

 キーボードはとてもいい。このサイズありきで作られた筐体だけのことはある。軽めのストロークも好み。といっても基本的に机の上か膝の上に乗っけてタッチタイプする前提だけど。OQOとかみたいに立ったままで両手の親指で入力みたいなのには向かない。やるなら左手でホールドして右手でタイプみたいなやりかたかな。目立つけど^^;

 パームレストが無いのにもだいぶ慣れた。電車の中で膝の上というかカバンの上でタイプするときは手のひらの小指の付け根近辺でキーボード手前のカドの部分を引っかけてやると意外と安定する。最初は指つりそうになったけどねまあPSPのモンハン持ちみたいなもんか。

 あとはVAIO typePの売りでもあり、買うときの悩みどころでもあるディスプレイの画面についてかな。
 画面の解像度が1600×768あるので正直文字はめちゃくちゃ小さい。画面サイズ8インチだしね。でもまあギリギリ行ける感じ。Webとかみてて細かい表示のときは画面に顔近づけないと読めなかったりするけど、やはり圧倒的な表示領域の広さの快適さはありがたい。OQOの3倍ですよ3倍。
 電車の席で文章とかメールとか打っていても、隣の人から読めないんじゃないかな。ある意味便利。


 という感じで、まあ非力なPCなのは間違いないんだけど、カバンとかポーチとかに放り込んで持ち歩けるというのは何物にも代え難いメリット。
 パワフルにしたらそれはそれでバッテリーの持ち時間が減っていくし、その辺はトレードオフな部分と割り切って使うにはかなり気に入っています。

 あとはSONY製品の常だからしゃーないんだけど、VAIO付属のアプリが最初はアホみたいに大量にインストールされているんで、それで死ぬほど重くなってるのはSONYも考えたほうがいいと思うんだけどね。任意のアプリだけインストールできるようにUSBメモリに入れて付属させるとかさ。

 とにかく最初に起動したときに絶望するほど重い(まあとりあえずシステムのパフォーマンスオプションを片っ端からオフにしてやるとなんとか動くレベルにはなるけど)のは、ちょっとなー。
 OSのカスタマイズとかやりたくない人には、正直あんましお勧めしないかな(^-^;
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
1024x600(587)のネットブックが多いので次は
もっと高解像度のやつをねらってます。

Windows7も10月発売予定みたいだし。
ASELLUS 2009/06/03(Wed)17:56: 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[378] [377] [376] [375] [374] [373] [372] [371] [370] [369
«  Back :   HOME   : Next  »
プロフィール
HN:
崩月
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター
(C)表記
(C)2006 SQUARE ENIX CO., Ltd. All Rights Reserved. Licensed to Gamepot Inc.
(c)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved..
(c)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. .
(c)2007 上海アリス弦樂団 All Rights Reserved.
(C)サンライズ
(C)SUNRISE・BV・WOWOW
(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ・毎日放送
(C)ダイナミック企画
(C)東映
(C)PRODUCTION REED 1980
(C)1983 ビックウエスト・TMS
(C)2002 大張正己・赤松和光・GONZO/グラヴィオン製作委員会
(C)2004 大張正己・赤松和光・GONZO/グラヴィオンツヴァイ製作委員会
(C)2004 河森正治・サテライト/Project AQUARION
(C)2005 BONES/Project EUREKA・MBS
当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
最新CM
[05/22 BlogPetのこうさぎ]
[07/31 ASELLUS]
[06/03 ASELLUS]
[06/03 ASELLUS]
[05/19 ASELLUS]
最新TB
ココロ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]