忍者ブログ
since 2008/03/17
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 その後の東方。集中力の継続的な限界値が低いので、1日1プレイ〜2プレイぐらいでゆっくり進めております。

 

 ていうか、未だにEasyモードがクリアできてないんですが。

 どうも弾避けするのに、ジョイスティックでの操作があんまし細かい動きしにくいなあ、と思っていたのですが。なんというか、レバーの遊びが大きくて細かい操作がしにくいというか。



 なんのことはない、レバーの部分のネジ込みが緩んでおりました。そりゃ遊びも大きくなるわけだわ。

 てことで、しっかり締め直して再度挑戦しております。少しずつですがノーコンティニュで先に進めるようになってきましたよ。



 あとはボムの使い方がもう少し手慣れてくるといいんですが。いちおう敵弾くらっても、くらって数フレームの間にボムを入力するとそっちが優先される「くらいボム」って技もあるようなんですが、この数フレームがなかなかモノにできません。



 ゲーム自体がだいたい秒間60フレームぐらいで動作しているので、60分の数秒しか余裕がないわけなんですが、昔はバーチャファイターでアキラ膝(K+G同時押し→1/60フレーム以内にGだけ離す)が出来ていたんだから、それくらいの反応は出来るはずだ、と信じてプレイしております。

 いやまあ実のところまったく別物なんですが。



 でもまぁ、噂通りというか、確かに東方は気持ちよい弾幕具合で避ける楽しさがあるので、ジョイスティックはいい買い物だったと思います。ゲームとスティック合わせてもPS2のゲーム1本買うより安いしねー。





 それから、FEZのBGM差し替えを更にチューニング。

 戦闘劣勢時、というか自軍ゲージが1本を切った時のBGMを、KOKIAの「調和」にしてたんだけど、ちょっと悲壮感が強すぎるのでアップテンポの曲にしてみました。

 まぁ大概の戦闘で聞くことになる曲だしね。ラストゲージでテンポアップした方がノリがいいかなと思いまして。



 MELLの「Red fraction」。アニメ「Black Lagoon」のOP曲ですね。こいつは死ぬほどかっこいい曲なので、テンションもあがるというものです。いい感じ。
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87
«  Back :   HOME   : Next  »
プロフィール
HN:
崩月
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
(C)表記
(C)2006 SQUARE ENIX CO., Ltd. All Rights Reserved. Licensed to Gamepot Inc.
(c)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved..
(c)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. .
(c)2007 上海アリス弦樂団 All Rights Reserved.
(C)サンライズ
(C)SUNRISE・BV・WOWOW
(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ・毎日放送
(C)ダイナミック企画
(C)東映
(C)PRODUCTION REED 1980
(C)1983 ビックウエスト・TMS
(C)2002 大張正己・赤松和光・GONZO/グラヴィオン製作委員会
(C)2004 大張正己・赤松和光・GONZO/グラヴィオンツヴァイ製作委員会
(C)2004 河森正治・サテライト/Project AQUARION
(C)2005 BONES/Project EUREKA・MBS
当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
最新CM
[05/22 BlogPetのこうさぎ]
[07/31 ASELLUS]
[06/03 ASELLUS]
[06/03 ASELLUS]
[05/19 ASELLUS]
最新TB
ココロ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]