忍者ブログ
since 2008/03/17
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 ヘッドフォンのエイジング、ひとまず完了。



 とりあえず、購入後試聴の後、エンドレス100時間エイジングに突入した、我がヘッドフォンMDR-CD900ST、無事エイジング完了。と言っても、後は使い込みながらさらに慣らしていくことになるのですが。



 音が格段に柔らかくなりました。耳に突き刺さる原音がまろやかになった感じ。とはいえ音の解像度が落ちたとかクリア感が失われたとかではなく、柔らかい音が素直に柔らかく出力されるようになった、という感じ。



 クッキリした音が自然に聞こえてきて、細かい音の表情を拾ってくれるので、刺し買えてみると、ボリュームが大きく聞こえます。なのでシステムのメインボリュームをちょっと絞る。うん、丁度いい。



 装着した時の側圧も一番馴染みますね。耳が痛くならないです。サウンド的にも物理的にも。



 さあ、使い込むぞー!





 あと今日は、USBデバイスの面白実用系を物色してきました。ゲットアイテムは前々から欲しかった、



USB灰皿(SANWA SUPLIY)

USBカップウォーマー(同じくSANWA SUPLY)



 使用感としては、まず灰皿。思ったよりでかい!

 灰皿に煙草を置いた時の副流煙は根絶されました。くわえ煙草状態の煙まで吸引してくれるほど強くないので、戦場に入って1本付けて、戦闘領域に突入した時に灰皿に煙草を置いて、その副流煙がこないようになったのがいいですね。

 ただまあ、そのおかげで煙草の存在を忘れて、気がついたら灰皿の中で燃え尽きていたりするのが弱点か。

 どっちにしても空気清浄機は別に欲しくなりました。いいのか悪いのか。まぁ灰皿の中で他の吸い殻に延焼が広がって煙りモクモクにはならなくなりました。



 ま、ABC評価だとB-というところか。もう少し強力なのをイメージしてたので。



 カップウォーマーは、稼働させてみたところ、まずマグカップを買い換えないといけないという致命的な問題点が。うちのマグカップ、みんなギリギリでカップの経が大きくて、ちゃんと発熱部分に乗らないんですよ。

 唯一下の方がすぼまってるカップは乗るんですが、そもそも陶器のカップだと熱伝導率が低くてウォーマー稼働させても珈琲は冷えてしまいました。涙。

 これは本体が金属製で持ち手がプラかなんかのカップの調達が必要なようです。

 5つあるお気に入りのマグカップが全滅だったのは……悲しいです。

 100均でもいって安いカップ探してくるかなー。



 まー、こっちはなんか、ネタアイテムだったぽいです。カップに巻き付けるタイプのがよかったかなー。迷ったんですけどね。まぁ安い買い物だからいいんだけどさ。





 でも、これらUSB系って、あんまし意味無いじゃんとか言われるんですが、これはこれで、コンセントの節約になっていいんですよ。特にうちみたいにタコ足タコ足で電気ガジェット山盛りの場合はね。
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75
«  Back :   HOME   : Next  »
プロフィール
HN:
崩月
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
(C)表記
(C)2006 SQUARE ENIX CO., Ltd. All Rights Reserved. Licensed to Gamepot Inc.
(c)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved..
(c)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. .
(c)2007 上海アリス弦樂団 All Rights Reserved.
(C)サンライズ
(C)SUNRISE・BV・WOWOW
(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ・毎日放送
(C)ダイナミック企画
(C)東映
(C)PRODUCTION REED 1980
(C)1983 ビックウエスト・TMS
(C)2002 大張正己・赤松和光・GONZO/グラヴィオン製作委員会
(C)2004 大張正己・赤松和光・GONZO/グラヴィオンツヴァイ製作委員会
(C)2004 河森正治・サテライト/Project AQUARION
(C)2005 BONES/Project EUREKA・MBS
当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
最新CM
[05/22 BlogPetのこうさぎ]
[07/31 ASELLUS]
[06/03 ASELLUS]
[06/03 ASELLUS]
[05/19 ASELLUS]
最新TB
ココロ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]